Counter File 32bit x 256(VHDL.zip)

*****購入・使用に関する注意事項および、ダウンロードに関すること*****
ライセンスについては、購入された個人様に限り、何度でもご使用頂ける形態とさせて頂きます。つまり、購入された方がご自身でコーディングされたコードと同じ扱いということです。自己責任でお使い頂く分には、申し訳御座いませんが、弊社への問合せは応じかねます。
SNS等へのアップロード等による内容公開・情報流布については禁止事項とさせて頂きますこと、ご理解とご了承の程、お願い申し上げます。
デジタルコンテンツである当商品はクレジットカード決済しか出来ません。複数購入や、他の商品との同時購入は出来ませんので、御了承下さいませ。
決済後に送付されるメールからダウンロードして頂きますよう、お願い申し上げげます。ダウンロード可能な時間はメール取得後72時間以内になります、ダウンロードは3回までとなっております。
スマートフォンやタブレット端末からはダウンロード出来ない場合がございます。

DPRAM を記憶要素に用いて構成したカウンタファイルです。32 ビット長のバイナリカウンタを256 本収容しています。
RAM のI/O 部にはマルチプレクサ・デマルチプレクサが存在するため、フリップフロップで構成したカウンタ群と違い、複数のカウンタを同時監視・同時
更新することはできませんが、使用するフリップフロップやLUT は比べ物にならないほど少なく済むという利点があります。
使い方はRAM と同様で、更新したいカウンタを256 本の中から選択して更新(カウントアップ、またはクリア)、そしてそれとは別に、読み出したい
カウンタを256 本の中から選択してリードするというものです。カウンタの更新と読み出しは別のポートから独立して実行可能なため、更新はハード
ロジックで、読み出しはプロセッサ(ソフトウェア)で行うという使い方も可能です。
通信上の受信データを種類別に分類して計数するだけの統計情報カウンタや、ステートマシンの各ステートにおける滞在クロック数をステートごとに
計数するダイアグ用カウンタなど、機能上、脇役的なカウンタで、回路をあまり消費したくない、RAM が余っているといったケースで役に立つでしょう。

言語はVHDL版はVHDL2005で記載されています。
字下げはハードタブを使用しています。タブの設定はタブストップ4でご覧下さい。

ドキュメントはこちら->http://www.gopher-tec.jp/web_store/DOC/CounterFile32bitx256.pdf

¥ 3,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(460676 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。